26.05.2017

伝え方ひとつでただの化粧水が印象が変わって伝わる銀座カラー

posted by gaowiah45

in
伝え方ひとつでただの化粧水が印象が変わって伝わる銀座カラー はコメントを受け付けていません。

銀座カラーの美肌化粧水はサービス品としての評判も良い

銀座カラーでは、美肌ミストを初回に限り回数を絞って提供していますが、サービス品を提供されることもあるようですし、持ち帰りにミニボトルを持たせてくれる場合もあります。

また、予約を入れたけれどキャンセルしてサロンに行かない人もいるのですが、この人にも立ち寄らせるために美肌ミストの化粧水を送るなどのサービスをやっている場合があります。勝手にキャンセルする人は本人の意思なので無理に来させる必要もありません。ただでも予約が取りにくいのを余計取りにくくさせている張本人ですが、そんな方にも銀座カラーは化粧水のミニボトルの引換券を送っているようです。

このように、いろんな場面で顔を出す銀座カラーの化粧水ですが、評判はそこそこで悪くありません。もちろん肌質が合わない方にはやや迷惑のようですが、その方は2回目以降はいらないと言えば良いだけです。サービス品なのでもらうもらわないは自由です。ところが、そこそこ酷評する方でも、もらわない人は非常に少ない。ということは、比較的どのような人にも合うように作られている化粧水なのでしょう。

他社のサロンでは施術後のミストはすべて有料のところも

また、施術の最後にはこのミストを無料で確か11回までは提供してくれるのです。たとえば大手エステサロンの脱毛サロンでは、サービスでは化粧水のサービスを提供してくれません。ライト脱毛でも、施術後はかなり肌も乾燥します。できれば化粧水のサービスはあったほうが良いでしょう。そう考えると、銀座カラーは的確なサービスを実施しているサロンだと思います。また、こういうところを、銀座カラーも的確にアピールできれば、もう少し他者とのサービスの比較を展開できます。

銀座カラーはサービスしていることをうまく伝えきれていない

じつは化粧水に限らず、他社がしないサービスをもっとアピールするべきです。たとえば、IPL(インテンスパルスライト)という美肌効果も期待できるという光線(機械)を導入したことも、もっと伝え方があるはずです。

なのに、忙しすぎて、予約が取りづらいサロンということばかりが勝手に一人歩きしています。美肌ミストの化粧水のことやIPL(インテンスパルスライト)を導入したことを改めて考えると、銀座カラーはサービスの伝え方でずいぶん損しているサロンだと思えてしまいます。

関連する記事:銀座カラーの契約では6回までの契約回数がおすすめなの?

Comments are closed.